株式会社インデックス・ワン

売却しても住み続けられるリースバック ~事例~

売却相談フォーム お問い合わせはこちら

売却しても住み続けられるリースバック
~事例~

売却しても住み続けられるリースバック ~事例~

2022/11/20

自営業で設備工事関連の仕事をしていたA様。数年前に大口の取引先の倒産をきっかけに、収入が大幅に落ち込んでしまいました。


懸命に営業をして新しい取引先を増やしましたが、それまでに資金が底をつき、借入の返済が滞ってしまいました。


そこで、事業の当面の資金繰りのために自宅をリースバックすることを決断されました。

今回のA様のご相談を元にリースバックについてご紹介していきます!

インタビュアー

リースバック前の状況を教えてください。

A様

大口顧客の倒産で仕事が激減…

自営業で生計を立てていましたが、大口の取引先が倒産してしまい、売掛金が未収になってしまいました。それだけでも大きな打撃だったのですが、売上の3分の1以上をその取引先に頼っていたので、そこの仕事がなくなって収入が大きく減ってしまいました。

それから必死に営業して新規開拓をしてようやく売上も戻り始めていたのですが、その時点ですでに資金が底をついてしまって、借入の返済が滞り始めてしまいました。

このままでは借金が返せず家を差し押さえられてしまうのではいかと不安でたまりませんでした。

インタビュアー

ご自宅を売却されることは検討したのですか?

A様

家を売却して引っ越すことも考えたが…

最初はそれも考えました。家を差し押さえられて競売で安く叩き売られてしまうよりは、その前に家を売ってしまって借金を返した方が良いのではと。

でも子供がまだ学校に通っていたので、引越しはさせたくないという想いもあってなかなか踏ん切りがつかず、ずるずる時間だけ過ぎてしまいました。

インタビュアー

それでリースバックを検討されたわけですね?

A様

はい、リースバックという方法があることは知らなかったのですが、資金繰りについていろんな人に相談しているうちにそういう方法もあるということを教えてもらいネットで調べてみたんです。

これならすぐにでも資金が手元に入るし、引越しもしなくて済むと思い早速に相談しました。将来的に買戻しができるというのも魅力でした。

インタビュアー

実際にリースバックをしてみていかがでしたか?

A様

家を残して資金を確保するためにリースバックを選択

おかげさまで事業資金が手に入り、遅れていた借入を返済することができました。手元にもある程度資金が残ったので、これで当面は仕事を続けていけそうです。

引越しをしていないので、もう家が自分のものでないというのが不思議な感覚ですが、それくらいリースバックした後もそれまでと全く変わらない生活ができています。

ここだけの話ですが、息子には家を売ったことは言っていません。余計な心配をかけたくないですからね。

最後にA様は、「頑張って仕事をしていつか家を買い戻したい」とおっしゃっていました。

 

ここまでの状況をまとめると、

 

 

リースバック前の状況

Y様は個人事業主として設備工事関連の事業を営んでいましたが、大口取引先が倒産したことにより一時的に収益が大幅に悪化してしまいました。

懸命な営業の末、新しい取引先を開拓して売上が上がる目途は経ちましたが、その時点ですでに手元資金は底をつき、借入金の返済が滞ってしまいました。

このままでは事業の継続が困難になり、新しい取引先の仕事を始める前に破産してしまうと考えたY様は、自宅の売却も検討していらっしゃいました。

しかし、まだ学校に通っているお子様のこともあり、なんとか家を残して資金を集める方法はないかと考えて当社にご相談をいただき、リースバックの提案をさせていただいました。

 

 

当社のサポート内容と結果

自宅の査定額は2400万円でしたが、業績が回復するまでの一時的な資金としてリースバックをすることとなりました。

すぐに事業の業績が回復する目途が立っていため契約期間を2年と定め、2年後に買い戻す契約させていただきました。

結果として、無事に事業を継続することができ、自宅も手放さずに済みました。
今では順調に業績を回復され、2年後の自宅の買い戻しに向けて事業に邁進されています。

 

 

A様の感想

長年付き合っていた大口の取引先が倒産したことで売上の3分の1以上がなくなってしまい、借入金の返済ができなくなってしまいました。何とか新しい取引先も見つかり、もう半年粘れば何とかなるという状態でしたが、資金が枯渇してどうにもならなくなっていました。事業を継続しなければ収入もなくなってしまいますが、子供の転校だけは何とか避けたいという思いから自宅の売却にもなかなか踏み切れませんでした。そんな時にリースバックという制度を知って、これなら自宅も守れるし当面の資金も捻出できると思い、すぐに相談しました。今は売上も以前水準の近いところまで戻ってきたので、2年後に自宅を買い戻せるように頑張っています。これからは一社の取引先に依存することなく、安定した経営を目指していきたいです。

解説

そのお悩み一緒に解決しませんか?

個人事業主の方で、一時的に資金が必要な状態にもかかわらず、これ以上の銀行からの借入が困難という方は多いのではないでしょうか。そのような場合に、ご自身の自宅をリースバックすることで、自宅を手放さずに資金調達をすることが可能です。リースバックは基本的に不動産の評価額に基づき買取金額や家賃を設定しますので、銀行での借入が困難な方でもリースバックできるケースが多々あります。もちろん、業績が回復して資金に余裕ができたら買い戻していただくことも可能です。

お問い合わせはコチラまで

🌸大木の今日は何の日?コーナー🌸

「世界こどもの日」

1954年の国際連合総会国連総会で制定された国際デー。1959年に児童の権利に関する宣言が採択された日。1989年のこの日には児童の権利に関する条約の採択も行われている。

----------------------------------------------------------------------
株式会社インデックス・ワン
〒160-0022
住所 : 東京都新宿区新宿2-11-4 ストークビル2F
電話番号 : 03-5366-1888
FAX番号 : 03-5366-1887


数多くの中古物件を新宿で提供

安心なマンション売却を新宿で

ご自宅が新宿の方にリースバック

丁寧な仲介が新宿にて好評

今から新宿で住み替えの方に最適

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。