株式会社インデックス・ワン

新築VS中古 ~結局どっちを買うべき?~

売却相談フォーム お問い合わせはこちら

新築VS中古
~結局どっちを買うべき?~

新築VS中古 ~結局どっちを買うべき?~

2022/11/05

家族を笑顔にする物件、家族の笑顔が消える物件

「〇駅の周辺の新築の戸建てで、3000万円くらいの物件ないかな?」

「引っ越しで新しく部屋を借りるんだけど、2LDKの築浅のマンションで、駅から近いところがいいな」

物件を買うにしても借りるにしても、皆さん色々なご希望がおありかと思います。

部屋数はいくつで、新築か中古か、中古なら築何年ぐらいまでOKか、駅から何分くらいか、まわりはどんな環境がいいのか、ショッピングセンターが近い便利な場所がいいのか、静かな住宅街が希望なのか、、、、。

 

 

もちろん物件について、あれこれ希望を持つのは当然のことでしょう。

しかし、一般の皆さんが「これがいい」と思う物件と、私たちプロが「いい」と思う物件にかなりの差があるのも事実です。

 

 

お客様はどうしても新築で、最新の設備が揃っている物件に目がいきがちです。

それらは本当に優先順位の高いことなのでしょうか。

プロの目利きで「ああ、これがいいな」と思う物件は、お客様の目からすれば「地味」であることが多いのです。派手さはなく、ぱっと見はちょっと地味かもしれないけれど、しばらくしたときに、「ああ、ここでよかったなと」じわじわとそのよさがわかる物件です。それは、ローンの支払いも含めての話です。

住まう人、家族に笑顔をもたらせてくれる物件もあれば、住まう人の笑顔が消えていってしまう物件もあります。

たかが、家ではあるけれど、それで家族崩壊ということだってあるのです。

必ずみなさんには「笑顔になる物件」を選んでいただきたいと思います。

それは、いったいどんな物件なんでしょうか。

では、順をおって説明しましょう。

 

 

プロが目利き!「間違いない物件」の選び方

 

〇新築より中古物件が断然お得な理由

よくお客様に「新築と中古ではどちらがいいですか」と聞かれます。

私の答えは「中古が断然おすすめ」というものです。

というよりも「新築は割に合わない」といったほうがいいかもしれません。

皆さん家を買う時はマンションも戸建ても、「絶対に新築物件が希望」という人は非常に多くいます。

特に戸建ての場合は、新築以外に考えられないということがかなり多いのです。

 

 

世界中でこんなに新築にこだわるのは日本人ぐらいではないでしょうか。

もちろん、新築が長年の夢だったからどうしても譲れないとか、新築でなければ家を買いたくないというのであればそれはそれでいいのです。

新築であることの優先順位が1番であるのに、それをはずしてしまったらあとから後悔することになりかねません。

でもそこまでこだわっているわけではなく、なんとなく「新築がよさそう」とイメージ的な部分での希望であれば、ちょっと考えてみていただきたいです。

まず、中古は新築物件と違い、建ってからから何年か経過しているわけです。

するとその物件に問題があるかないか、あるとしたらどこにあるかがわかります。

例えば戸建ての場合でよくあるのが、何年かたつと傾いてくること。地盤が柔らかいと、建物自体はちゃんと設計して建てていても、年月とともに傾いていってしまうことがあるんです。もちろん、地盤の柔らかいところに建てる時は杭を打ったりして対処しますが、実際に何年か経過してみるとそれでも傾くということもあるわけです。

また、あってはならないことだけど、欠陥住宅だったり、手抜き工事がされていたりということもあります。

壁の日々割れがひどいとか、雨漏りの後があるとか。あるいはそんなに重大なことでもなくても、部屋にカビが生えているとか、かび臭い、腐食があるなどといったこともわかります。

これらは、別段プロでなくても、一般の人でも注意してみればわかることです。

新築は検査機関のチェックはもちろんですが、やっぱり何年か経ってみないとわからないという部分はどうしてもあります。

そこをチェックできるのが中古の最大の強みです。

 

 

次に新築と中古ではあたりまえですが価格が違います。新築物件は通常の仲介手数料に加えて、不動産業者の利益が1~2割程乗っています。高くて割に合わないのです。

さらには新築ということで適正価格がわかりづらいのです。

ところが中古の場合は値段が高いと絶対に売れません。

「そんなに高いのなら新築の方がいい」ということになってしまうからです。

つまり、中古物件は「適正価格」である可能性が非常に高いのです。

要は、中古物件の方がお買い得ということなのです!

 

 

もう一つ中古物件利点があります。それはリフォームして自分の住まい方に合った間 取りにできることです。

新築物件は基本的に可もなく不可もなく、一般受けする間取りに なっていることが多いのですが、人によってはそれでは満足できないこともあるでしょ う。たとえば「うちは夫婦2人だから3LDKはいらない。リビングが広めの1LDK で、あとは物置的なサービスルームが欲しい」という場合もあれば、「うちは子どもが3 人と夫婦の5人で住むから、どんなに狭くてもいいから4部屋欲しい」という場合もあるでしょう。

 

 

そういうこだわりのある場合はやはり中古を買って自分の思い通りにリフォームをした 方がいいと思います。

金銭的にも一から注文で建てるよりもはるかに安上がりです。 またたとえば一般のサラリーマンのご家庭で4000万円ぐらいの物件を希望されている場合、新築よりも、価格が安く程度のいい中古のほうをお勧めします。

その方が後々の支払いが断然ラクだからです。

 

 

なお、ここで私の言う中古というのは、「築10年から15年位で、長くても30年ぐらい」 のもの。それ以上古い物件になると、かなりお安くはなっているでしょうが、補修が大変という意味で、あまりお勧めしません。

特に築50年以上のマンションは、当時の構造のつくり方が今と違います。水道管、ガス 管などの配管は年月とともに劣化するので必要に応じて補修や交換が必要ですが、古い構 造だとこれが難しかったりします。

大掛かりな工事が必要だったり、専有部分(居住部分) さわらないといけない場合も出てくるのです。

ただ、それも定期的にメンテナンスをして、専有部分であっても少しずつ補修をかけ て、いい状態を保っている物件もたくさんあるので一概にはいえません。

🌸ゆみちゃんの今日は何の日?コーナー🌸

「いいリンゴりんごの日」

青森県が2001年に制定。「いい(11)りんご(5)」の語呂合せ。

お問い合わせはコチラまで

----------------------------------------------------------------------
株式会社インデックス・ワン
〒160-0022
住所 : 東京都新宿区新宿2-11-4 ストークビル2F
電話番号 : 03-5366-1888
FAX番号 : 03-5366-1887


数多くの中古物件を新宿で提供

安心なマンション売却を新宿で

丁寧な仲介が新宿にて好評

今から新宿で住み替えの方に最適

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。